夢占い

スポンサードリンク

夢占いとは

夢占いとは


夢をほとんど見ない人でも夢占いが出来る方法を伝授してみましょう。


まずは夢日記を習慣付けることです。これは枕元にノートや日記を置いて目覚めたときに覚えていることを書くことから始めます。


最初はよく覚えていなくても、日記(メモ程度でも構わない)を書き続けることで次第に夢が鮮明になっていきます。鮮明になれば記憶力も良くなり、その夢を占うことは簡単になります。


夢に登場する「人物」「色」「物」「風景」「動作」「その時の感情」など、覚えていることが多いほど夢の分析はし易くなります。


これで今日から貴方も夢見の達人に成り、その夢を占うことで深層心理を理解できるでしょう。
| 夢占い |

夢占いについて

夢占いについて


夢占いをするときに次の二点を押さえる必要があります。


夢の意味合いとして、一つ目は、多くの人に共通した普遍的な意味があり、二つ目は、自分だけに通じる個人的な意味というのがあります。


前者の場合は一般の「夢解釈の書籍」でもある程度理解できると思いますが、後者の場合は、その人が今まで経験してきた事を理解する必要があります。これは、夢を見た人の立場によって、解釈も吉凶の重みも変わってくるからです。


夢占いは、その人の境遇、人柄、職業、家族構成、生活の習慣などを理解した上で夢の解釈をしないと、正しく占うことができないのです。それは、同じような夢を占ったとしても、人によって全く正反対の解釈になる場合もあるからなのです。
| 夢占い |

夢占いと右脳の働きについて

夢占いと右脳の働き


占いというと、当たるも八卦、当たらぬも八卦のような印象がぬぐえない人も多いでしょう。


夢占いは、見た夢の内容が、深層心理の現われだと考えて、その背景の心理を分析する占いです。


 占いの中でも科学的と評されることもあります。


科学的には、右脳は形や思考を担当するので、イメージと深い関係があり、イメージは深層心理を投影しやすいと言われています。


アートセラピーなどで性格や心理を分析することは、イメージと潜在意識の関係に注目した心理分析としてよく使われています。


夢占いも、見た人が思いもよらなかったり、なぜか出てきた関連性のないものの背景に、右脳が描き出す深層心理のメッセージを読み取ろうとしたものなのでしょう。
| 夢占い |

夢占いとは

夢占いとは


夢占いとは、朝起きても覚えているような印象的な夢は深層心理の現れと考え、その内容を占うものです。


夢占いは、心理学と深い関係があり、夢に出てきたものや行為が、どういう深層心理の現われかを分析します。


一見悲惨な内容に思える夢は、実はよい知らせだったりすることもあるようです。


色は感情や精神的傾向のシンボルとして、動物は欲求や周囲の人間と関係するなど、多くの占いの解釈があります。


 夢は、朝起きたらほとんど忘れてしまうものです。


印象に残っている夢は、あなたの深層心理について何かメッセージを送っているのかもしれませんね。

| 夢占い |
スポンサードリンク
アメーバニュースRSS1.0
ニッカンスポーツ・コム
ガイドミー
Copyright (C) 姓名判断 子供の名づけかた. All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。