姓名判断 子供の名づけかたTOP ≫  四柱推命占い

四柱推命占い

スポンサードリンク

四柱推命という占術

四柱推命というのは、的中率が高くて色々な事を鑑定することが出来るという、珍しい占術だと思います。

その色々なことというのは、家庭問題、人間関係、相性占い、未来、性格、仕事関係などさまざまなことに関してです。

四柱推命以上の占いというのは無いのじゃないかと思うくらいです。

また、占うだけでなく的確なアドバイスも出すことができます。
占いで解決方法まで導き出してもらえるのです。
すごいことだと思います。

画像 097.png

四柱推命というのはさまざまな意味合いでの出会いというものを大事にしています。

四柱推命と人との出会いというのに関して言えば、これは自分だけで運勢を決めないで四柱推命を利用して良くも悪くも運命を利用していくことが出来るという観点から意味しているのではないかと思います。

もし、悪い運命が待っているとしたら、その運命を避けていくような解決方法を導き出し、それを頭に入れて行動するようにしたりとか、良い運命が待っているとしたら、その流れに乗るようにして幸せをつかむ様にしていくようにしたりとかと言ったような感じです。

もし、あなたが今何かに迷ったり悩んだりしているときには、一度四柱推命を試してみてはいかがでしょうか。
もしかすると解決方法がみつかるかもしれませんよ。

こういうように、四柱推命とは私たちの人生に深く関わってくるような占術ということになるのです。

ですからうまく利用するようにして幸せに暮らしていけるようにしていきましょう。

四柱推命を勉強したい方へ

四柱推命に興味を持って、色々試してみたり実際に占ってみたくなって勉強してみたいと思ったりしている方への情報をご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

画像 132.png

四柱推命に重要な命式を使っての鑑定に関してはとても見極めることが難しく大変な知識を必要とします。その命式にそっての自分の吉星、凶星を知るということは本当に重要なことだと思います。

それはそれによってバランスを取ろうと変化するからだと思います。
ここで四柱推命の「四柱」についてご説明してみたいと思います。

「四柱」には「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」の4つの柱に分類されています。この意味としては「年柱」は占い対象となる個人の先祖や父母など生まれたところの背景を意味して表されています。

次に「月柱」の意味としては占い対象となる人の身近にいる人、例えば両親や兄弟、配偶者などが自分に及ぼす影響度がどれくらいあるのか表しています。

「日柱」はやっと自分自身を表している柱になります。
自分の能力や運命、性格などを表し性格や幸運度を現していくようになります。
「時柱」は晩年のときの自分の運命などを表します。

四柱推命を勉強しようとしてもどこから取り掛かっていいのか本当に分からないですよね。

ですから学校にいくなり、弟子入りするなりして勉強するのがいいのではないかと思います。

ただし、かなり四柱推命は知識が必要な統計学となっているので勉強しなければならないと思います。

四柱推命占いとは

四柱推命占いとは


四柱推命に限らず、本格的な占いのほとんどすべては統計学だと言われています。


古代から受け継がれた叡智が年代を重ねるごとに深みを増して、人の運勢をより正確に分析できるようになるのでしょう。本格的な占いには、そういったバックボーンがあるのです。


一般的な四柱推命では、総合運、恋愛運、金銭運、仕事運を占いますが、それを極めた占い師は、現代でも国の政治に関しても影響力を及ぼすとも噂されています。


四柱推命の占い師の中には、実際に会社の経営などに助言している占い師もいますので、現実的な問題を判断する上で、過去の経験を参考にしながら、運勢を判断していると言えるでしょう。

四柱推命占いについて

四柱推命占いについて


四柱推命は、古代中国で発展した東洋の代表的な占いで、生年月日と出生時間が必要です。「年」「月」「日」「時間」を4本の柱として、陰陽五行説を基本に解釈し、生涯の運勢を占うものです。


四柱推命の占いの方法は、生年月日と出生時間をもとにして陰陽五行説をあてはめ、「命式」という図を作成しますが、その解釈は素人には非常に難解であり、理解するにも作成するにも多くの知識と時間が必要な根気のいる作業となります。


四柱推命の占い師は、その「命式」を見ながら総合的に解釈を行います。過去、現在、未来の運勢を知るには、多くの経験と知識が占い師には必要になってきます。さらに四柱推命には、一般の書籍には書かれていない秘儀が代々受け継がれており、その秘儀が門外不出なので普通に勉強しても極めることはできないともいわれています。


力のある占い師が現代の政治に影響力を与えると噂されるのも、それだけ長い歴史の重みが伝承されることでの的中率の高さがあるのかも知れません。

四柱推命占いとは

四柱推命占いとは


四柱推命とは、陰陽五行と占う人の生年、月、日、時間の関係から運勢を占う、中国の伝統的な占いです。


中国では、この世の中は5つの要素、木、火、土、金、水でできていると考え、自然現象を十干、人間の営みや地上を十二支にたとえ、それらが循環することで季節や運勢が移り変わるとされてきました。


陰陽五行説は、古来のカレンダーの基礎ともなる循環論ともいえます。


四柱推命の占いでは、占う人が生まれた時点の5つの要素や自然、地上の象徴を基本として命式という運命盤を作成します。


作成した運命盤と、日々年々循環する五行、十干、十二支との位置関係から推察される運勢が、占いの結果となります。


占いの結果は決まったものではなく、あくまでも推察される運勢なので、改善したい地点に関わる五行、十干、十二支の循環をうまく利用して、運勢を変えたり、回避したりすることまでできるとされています。


平たくいうと、仏滅のときにはおとなしくして、大安の日には宝くじを買うとうまくいくかもといったものの、超スケール版が四柱推命の占いといえるかもしれません。

四柱推命占いとは

四柱推命占いとは


四柱推命とは、東洋の代表的な占いで、生まれた年、月、日、時間を4本の柱として陰陽五行説をもとに解釈し、生涯の運勢を占います。


四柱推命では、総合運、恋愛運、金銭運、仕事運などはもちろん、古くは中国の皇帝が国の政治の方向性を判断するために使われたといわれ、占いの解釈の広さは統計学であるとまでいわれています。


占うには、生年月日をもとに陰陽五行説をあてはめて、「命式」という図を作成しますが、非常に難解で、理解するにも作成するにも根気の必要な作業です。


作成した命式を解釈して過去、現在、未来の運勢を占う方法もまた、きわめて難解です。


四柱推命の難解さは、一生かけても到達できないとまで言われるほどですが、それでも現代まで伝えられてきているのは、その的中率や、個人の運勢や金運はおろか政治にまで影響を与える応用力があると言われています。


 占いの底力を感じさせますね。
スポンサードリンク
アメーバニュースRSS1.0
ニッカンスポーツ・コム
ガイドミー
Copyright (C) 姓名判断 子供の名づけかた. All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。