血液型占い

スポンサードリンク

血液型占いとは

血液型占いとは


血液型占いを信じているのは日本とお隣の韓国ぐらいではないでしょうか?


人間の性格をたった四つに分類して占うという乱暴な方法ですが、案外的を得ていると感じている人も多いのは、実際の血液型別の人口が諸外国と比較して、日本は適度に分かれているからだといえます。


ある国のようにO型が大半を占めていれば、血液型で人を分類する事に価値を持たないのは当然なのかも知れません。


血液型占いも単純に四種類ではなくて、A型の中でもAA型・AO型というふうに分けることもできますし、実際にAA型とAO型違いがあるようです。


血液型占いは単純な分類方法・占いといえますが、今までの統計学的な蓄積によって研究された日本の血液型占いは、とても簡単に使えて役立つものだと思います。

血液型占いについて

血液型占いについて


血液型がわかっていれば──初対面の人に対して話す場合に、切り口がつかめずに困ることがよくありますが、相手の血液型がわかれば、その糸口も見つかるかも知れません。


血液型占いも使い方によっては色々と役に立ちます。A型ならば、まじめな人なんだな、誠実に丁寧に話しかけようとか。B型ならば、個性的なんだな、相手の個性を尊重しようとか。O型ならば、食べ物に弱いんだな、まずは食事に誘ってみるかとか(笑)


ただし、あくまで参考意見としてみないと、人によってはその解釈が当てはまらない事もあります。


血液型占いの書籍を片手に持って、大まかな傾向として見ていけば、色々と攻略方法を練るのも面白いかも知れません。


A型、B型、O型、AB型と四種類の人間しか存在しないことは有得ない訳ですが、なんとなくでも相手を理解するためのヒントとして血液型占いを使うのは楽しいでしょう。

血液型と占いの関係について

血液型と占いの関係


血液型と占いの関係を考えてみましょう。


血液型はA・B・O・AB型と4つに分類されています。

統計的にみると各血液型にはそれぞれ性格の傾向が見られます。
もちろん、生まれ育った環境によって性格は違ってきますから、必ずしもすべてが当てはまるというわけではないです。


血液型別性格の傾向を用いて「血液型占い」と称して占いをやっているところもあります。


あくまでも傾向であり、その他の要素(例えば誕生日、男女差等)をあわせて占いをする場合もあります。

ただ占術家によっては、血液型占いは占いではないと公言する方もいらっしゃるそうです。


血液型占いは科学的根拠が乏しいのですが、各血液型の傾向では長所と短所があります。


せっかくですから各血液型の長所を活かし、できれば短所は克服させていくようにすれば、例えば仕事の面で上手く活用できる”占い”の一つとなるのではないかと思います。

血液型と占いについて

血液型と占い


血液型占いというものがありますが、血液型で相性や自分の性格を判断するものであって、占いというよりは、性格判断の要素が強いです。


血液型別特徴を分析した研究が基となっていて、血液型別にみると、それぞれの血液型には共通点が多いという「データ」があって、これを基に占いとしている場合が多いです。


ただ占術家の中では血液型占いは迷信と公言する人もいます。


血液型については1927年、心理学者の古川氏が「血液型による氣質の研究」という仮説を発表しましたが、このときは支持されませんでした。


1971年になって血液型性格判断は流行はしましたが、科学的な論文はされませんでした。


医学的にも血液型と性格は根拠がないとされています。

根拠はないのかもしれませんが、血液型にはそれぞれ傾向はあるとは言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
アメーバニュースRSS1.0
ニッカンスポーツ・コム
ガイドミー
Copyright (C) 姓名判断 子供の名づけかた. All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。